発酵食品と根菜類は体を温める効果があるっていうけれどもどうして?

スポンサーリンク
収穫したてのニンジン食べ物・飲み物

昔から「発酵食品」「根菜類」は多くの食材の中でも、体に対する健康効果が特に優秀であると言い伝えられてきました。

その中でも有名なのは、胃腸に関する整腸作用です。

ですがこの他にも、発酵食品と根菜類には体温を高くしてくれる作用も備わってあると、最近話題になっているのです。

そこで本記事では発酵食品と根菜類の種類についてと、これらの食材にはどうして体を温めるパワーがあるのかについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

体を温めてくれる効果がある食材の種類~発酵食品~

食卓にある温かな味噌汁

「日本人になじみ深い食品と言えば?」

そう聞かれた時、皆さんはまず何を思い浮かべますか?

  • 味噌
  • 納豆
  • 漬物
  • しょうゆ

代表的な日本食でもあるこれらの食品類を、頭に思い描いた方も多いのではないでしょうか?

日本で古来から食べられてきた多くの食材には、体を温めてくれる効能があります。

さらに発酵食品には、腸内環境を整えてくれる効能も持っています。

このため胃腸の働きが鈍くなることの多い寒い季節には、いつもより積極的に発酵食品を食べることが望ましいです。

まめ丸
まめ丸

ちなみに日本食ではありませんが、日本でも好きな人がたくさんいる「チーズ」も牛乳を発酵させて作られている食材です。

そのため、チーズにも体を温めてくれる力が備わっていることがわかっています。

 

発酵食品で体を温めたいなら味噌汁がピッタリ!

発酵食品を使った料理にはいろいろなものがありますが、1番おすすめしたいのは「味噌汁」です。

朝起きて体が目覚めていないときに食べても体を温かくしてくれる上に、汁ものなので消化にもいいです。

また味噌汁は熱い状態で口にするので、普通の発酵食品をそのまま食べるよりも、体温を上げる効果をさらに高めてくれる効果があります。

 

どうして発酵食品には体を温める効果がある?

そもそもなぜ、発酵食品には体を温める効果があるのでしょうか?

これには発酵食品に多く含まれている成分のひとつである、酵素が深くかかわっています。

酵素とはタンパク質の1種で、私たちの体内でも作ることは可能です。

まめ丸
まめ丸

主に体の中では、分解や代謝などの役割をはたしているタンパク質はとても大切な成分。

代謝は体を温める上で必要なことです。

酵素が多く含まれている発酵食品を食べることによって、私たちの体内では活発に代謝が行われます。

この代謝がおこることによって体温が上がる仕組みになっているため、発酵食品を食べることは代謝を促し、体を温めることに繋がっているのです。

 

発酵食品に含まれている酵素はダイエットにも効果がある?

発酵食品に含まれている酵素は、私たちの体の中で大切な働きをする成分のひとつです。

実は近年、そんな酵素の持つ健康効果を使ったダイエット方法が、密かにブームになっています。

「代謝をあげることで、体の脂肪に働きかけるため酵素はダイエットにも効果がある」

まめ丸
まめ丸

酵素の持つそんなメリットを上手く活用していることで、ダイエットにも役立てているんですね。

食べ物以外で、ダイエット効果のある飲み物類について興味がある方にはこちらの記事もおすすめです。

シナモンティーはダイエット中の人にも最適な飲み物だった!その理由をご紹介
漢方の一種である「シナモン」の香りが豊かな「シナモンティー」は、ほんのりとした甘みが楽しめるお茶です。 寒い季節に温かくして飲むことで身も心も癒してくれるシナモンティーには、さまざまな健康効果が...

 

スポンサーリンク

体を温める食材の種類~根菜類~

かぶ

数ある野菜の中でも、体を温める効果の高い食材に「根菜類」があります。

特におすすめなのは漬物にしてもおいしい「かぶ」や、生で食べても体温を上げる効能がある「にんじん」です。

それから以前冷え性の人にも効果的!生姜の持っているすごいパワーについての記事でご紹介しました「生姜」にも、すばらしい体温上昇効果があります。

体を温める根菜類の種類についてですが、寒い地域で収穫される食材に多い傾向となっています。

さらに「大根」などの冬が旬の野菜にも、体を温めてくれる食材がたくさんあることが根菜類の特徴です。

まめ丸
まめ丸

ただし、根菜類は発酵食品と違う部分があります。

根菜類はそのまま食べても体温上昇効果があるものと、加熱して食べることで体温を上げる効果があるものと、2種類があるからです。

発酵食品と同様に体温を上げる効果が高い根菜類ですが、そのまま食べても効果的なのかどうかについては注意しなくてはいけません。

 

生で食べても体を温めてくれる根菜類

  • にんじん
  • 生姜
  • 自然薯
  • かぶ

 

加熱して食べると体を温めてくれる根菜類

  • ねぎ
  • 大根
  • れんこん
  • にんにく
  • にら
  • たまねぎ
  • ごぼう

 

このように生で食べても効果があるものと、加熱して食べると効果がある根菜類と2つに分けられています。

まめ丸
まめ丸

自分の好みや体調に合わせて、調理法もいろいろ考えてみてくださいね。

ちなみに私がおすすめしたい食べ方は、ズバリ「筑前煮」です!

おいしそうな筑前煮

生で食べても体温を高くしてくれるにんじんや、加熱して食べるといいれんこんなどが1度に食べられるので筑前煮はまさにピッタリ。

この他にもしいたけなど、風邪予防に効果を発揮するきのこ類も同時に食べられるので一石二鳥のメニューとなっています。

 

どうして根菜類は体を温める効果がある?

根菜類には、どうして体を温める効果があるのでしょうか?

その秘密は根菜類に含まれている栄養素のミネラルビタミンEにあります。

ミネラルは体の中で、タンパク質を活用する時に必要な要素として知られています。

私たちの体の血液や筋肉を作るためには、タンパク質が必ず必要です。

人間の体は筋肉を動かすことで、熱を発生させる力を持っています。

「体の体温を高めるためにも、熱を生みだす筋肉を作る」

タンパク質を摂るということは、このように体温を上げることにも繋がっているのです。

それから根菜類に多く含まれている栄養素、ビタミンEも体を温める作用を持っています。

一般的にはあんまり知られていませんが、実は冷え性に対して効果が高いことでビタミンEは定評ががあります。

まめ丸
まめ丸

冷えに効果があるメリットに着目して、今ではビタミンEのサプリメントも販売されているほどなんですよ。

ビタミンEは血行を良くしてくれる効果と、体のホルモンの働きを上手く調節してくれる2つの効果があります。

そのため、冬の寒さが苦手な人にとっては必須の栄養素です。

ミネラルとビタミンEはこのように体の体調管理をする上でも大切なので、積極的に根菜類を食べるように普段から心がけたいですね。

 

冷え性の人は積極的に発酵食品と根菜類を食べるのがおすすめ

このように発酵食品と根菜類には、私たちの体温を温かくしてくれるうれしいメリットがいっぱいです。

そのため寒い季節はもちろんのこと、冬の間冷え性で悩んでいる人は、積極的に発酵食品と根菜類を食べることをおすすめします。

まめ丸
まめ丸

食品類ではこの2つの部類がいいのですが、いろんな保温法や足元の防寒グッズも合わせて使えば、より体を温かくすることができますよ。

このほかの冷え性対策について、さらに詳しくはこちらの記事でまとめています。

冷え性対策についてのまとめ【おすすめの保温法と足元の防寒グッズ】
北風の季節がやってくると、気温の低下が原因による冷えや体調不良に悩まされている人はたくさんいるのではないでしょうか? そんな時におすすめしたい対策法は「体の体温を一定に保ってくれる保温法」と「足...

 

まとめ

発酵食品と根菜類が体を温める効果が高いと言われるのには、食材に含まれている成分に秘密がありました。

酵素やミネラルなど体温を上げるために重要な栄養素は、風邪予防やアンチエイジングのメリットもある大切なものです。

寒い季節に体を温めたい時以外でも、季節の変わり目など心身に対してストレスを感じやすい時には、できるだけ普段の食事に発酵食品や根菜類を取り入れるようにしてみましょう。

毎日の食生活を少しずつ気にかけるだけでも、体調管理ができますよ。

 

合わせて読みたい

寒い季節に体をぽかぽかに温めたい時には、生姜のパワーが手軽に実感できる「生姜紅茶」もおすすめです。

ショウガオールの持つ効果と紅茶の温かさで冷えを改善できる生姜紅茶は、こちらの記事でご紹介しています。

寒い季節も体がぽかぽか温まる!生姜紅茶のおいしい作り方とは
体を温めてくれる食材の代表格として認知度の高い「生姜」は、特に女性からの熱烈な支持を得ています。 そんな生姜を紅茶にして飲む「生姜紅茶」も、近年「健康にいい」と人気が高くなってきていることをご存...