レモネードとレモンスカッシュって何が違うの?それぞれの特徴を調べてみた

スポンサーリンク
レモンスカッシュのイラストに?マークがついている夏バテに効果的

あなたはレモンの入ったドリンクは好きですか?

爽やかな風味と酸っぱさで口の中をサッパリとしてくれるレモンのドリンクは、特に夏の暑い日差しの下で飲むとおいしさが倍増します。

レモンを使った代表的なドリンクと言えば、「レモネード」「レモンスカッシュ」がありますよね。

これらのドリンクは、レモンのおいしさをダイレクトに味わうことができるので人気が高く、好きな人も多いのではないでしょうか。

ところであなたは「レモネード」と「レモンスカッシュ」の違いがわかりますか?

どちらもレモンが使われていることはわかりますが、それ以外の違いを説明できる人はおそらく少ないのではないでしょうか?

そこで今回は、「レモネード」と「レモンスカッシュ」の違いについて調査してみました。

 

スポンサーリンク

レモネードの特徴について

レモネードの入ったカップが机の上にある

一般的に「レモネード」とは、レモンの果汁入りの水砂糖を加えたドリンクのことを意味します。

実はこのレモネード、世界の国々でちょっとずつ違いがあることをご存知ですか?

日本やアメリカ、さらにカナダではレモン水に砂糖を加えたドリンクのことを指すのですが、他の国では違います。

例えばアイルランドでは、レモン風味の味がする炭酸ドリンクのことを言います。

また、オランダでは濃縮タイプの果物を使った炭酸水全般を、レモネードと言うそうです。

さらに、レモンの産地として世界的に知られているイタリアでは、レモン水に「はちみつ」を加えたドリンクのことをレモネードと言います。

まめ丸
まめ丸

同じ名前のドリンクでも、各国で内容に違いがあるのは不思議ですね。

 

スポンサーリンク

レモンスカッシュの特徴について

レモンスカッシュの入ったグラス

「レモンスカッシュ」はレモンの果汁に砂糖を加えて、そこに炭酸水を注いで作るドリンクです。

爽やかそうな名前が意味するように、炭酸を使って作るのでレモネード以上に、飲めば口の中がサッパリとするのが特徴。

まめ丸
まめ丸

夏のお風呂上りとかに飲むと汗がひいて最高においしいのがレモンスカッシュです!

 

それぞれの違いはどこにある?

レモンを使ったドリンクがある

レモネードとレモンスカッシュの特徴について、それぞれ調査してみました。

実際に調べてみると、他の国ではレモネードと言っても中身にはいろいろな違いがあります。

日本では主に、レモン果汁の入った水に砂糖を加えたドリンクのことをレモネード。

レモン果汁に砂糖を入れて、そこに炭酸水を注いで作ったドリンクをレモンスカッシュ。

まめ丸
まめ丸

要するに炭酸を使うか使っていないかで、あとはほとんど同じ材料です。

さらに2つの違いを上げるとすれば、レモネードはホットにして飲むことも可能であるということです。

ホットのレモネードに関して詳しくは、以前書いた体にいいレモネードをさらにおいしくするためのアレンジ方法という記事でご紹介しています。

何かを飲みたい気分の時、炭酸を飲みたいかホットを飲みたいかどうかで、選ぶ基準が変わってくるのではないでしょうか。

 

まとめ

レモネードとレモンスカッシュは、どちらも主な材料にレモンを使うためほとんど変わりはありません。

大きな違いと言えば、レモンスカッシュは炭酸水を使うこと、レモネードはホットでも飲むことが可能なことくらいです。

どちらもレモンの風味を楽しめることには違いがないので、その時の気分で味わってみてくださいね。