近年特に人気があるりんごのお酒「シードル」のおすすめについて5つ集めてみた

スポンサーリンク
おいしい酸化防止剤無添加ワインのシードル食べ物・飲み物

りんごが原材料のお酒、「シードル」が近年特に話題になっています。

まめ丸
まめ丸

お酒を飲めるようになったころから今まで、ずっとシードルが好きな私としては昨今の人気の高まりはうれしい限りです。

そんなシードルですが、あまり馴染みがないと「どれが美味しいのか?」や「どんな味わいがするのか?」などは、なかなかわかりづらいのではないでしょうか?

そこで本記事では、りんごのお酒であるシードルのおすすめについて、5つ集めてみました。

 

スポンサーリンク

日本のシードル 酵母の泡 青森りんご

りんごの産地として全国的に名高い「青森産のりんご」をふんだんに使っているシードルです。

滑らかな泡とスッキリとした味わいのりんごの風味で、飲めば素晴らしいのど越しを感じさせてくれます。

シードルそのものの甘さですが「やや甘口」の味となっており、りんごの風味とマッチしています。

まめ丸
まめ丸

はじめてシードルを飲む人にもおすすめな味の良さで、パーティなどにもピッタリですよ。

爽やかなりんごの味が口に広がるので、肉料理や鍋物などと一緒に飲んでも楽しめます。

 

スポンサーリンク

ニッカシードル スイート

個人的に一番好きなシードルです。

まめ丸
まめ丸

私は甘口のお酒が好きなのですが、こちらのシードルは「スイート」と名前にあるように、かなり甘いためジュース感覚で飲めます。

アルコールの度数も3度とかなり低くなっているため、お酒に弱い人でも飲みやすいのが特徴です。

ちなみにこちらのニッカシードルですが、糖類・香料・着色料が不使用なので、体に優しいこともうれしいメリットとなっています。

 

おいしい酸化防止剤無添加ワイン シードル

名前の通り「酸化防止剤」が使われていないシードルです。

お酒を造ってから瓶に入れる間、できるだけ酸素をお酒に触れさせないように作られています。

まめ丸
まめ丸

そのため、りんごの風味をしっかりと感じられるシードルに仕上げっているのが魅力です。

甘みは普通の「甘口」で、りんごのスッキリ感とコクを感じられる味わいとなっています、

 

丹波ワイン 国産シードル

りんごの香りが口一杯に感じられるシードルです。

特にりんごの持つ爽やかな風味を味わえるシードルで、少し酵母の風味もします。

まめ丸
まめ丸

そのため酵母の風味が好きかどうかで、好みが変わってくるかもしれません。

一応「甘口」なのですが、個人的には軽い甘みに感じます。

甘すぎるシードルが苦手で、上品な甘さが好きな人におすすめな一品となっています。

 

シードルヴァル・ド・ランスクリュ・ブルトン

シードルの有名な生産地として、世界的に有名な「フランス」で造られているシードルです。

まめ丸
まめ丸

使われているりんごは、シードル専用に育てられたブルターニュ産のものを100%使用しているというこだわりぶり。

りんごの香りと、ちょっとしたほろ苦さを感じられるお酒に仕上がっています。

甘みですが「辛口」になっているので、甘いシードルが苦手な人におすすめです。

 

まとめ

りんごの風味が味わえる「シードル」は、近年再度人気が高まっているお酒のひとつです。

果物の持つ爽やかな味と甘みが楽しめるので、普段お酒に弱い人でも飲みやすいのがメリットですよ。

スッキリしたのど越しなので、料理のお供にもよく合います。

何よりも嫌みのない味で飲みやすいので、甘めのお酒をじっくり味わいたい人は1度試してみてはいかがでしょうか?

自宅でのパーティなどに持ち寄ったり、果物のお酒が好きな人にもプレゼントすれば喜ばれますよ。

 

合わせて読みたい

りんごのお酒であるシードルは度数が低いのですが、それでもやはりアルコール飲料に違いはありません。

そのため、アルコールを飲んだ後はしない方がいいことは、シードルを飲んだ後でも同じこと。

甘いものが多いのでジュース感覚で飲んでしまいがちでも、アルコールが入ったお酒なのです。

そんなアルコール飲料を飲んだ後で注意するべきことについて、こちらの記事で紹介しているのでぜひシードルを飲む際には参考にどうぞ。

アルコールの体温上昇効果には落とし穴がある?!注意すべきことをチェックしてみた
「寒い季節だから、お酒を飲んで体を温めよう」 お酒が好きな人ならば、なおさらそんな風に思うのではないでしょうか? アルコールを飲むと体が温まる作用は、昔からよく知られています。 です...