イヤホンに耳あかが頻繁に付着しやすいのはなぜ?人によって違いがある理由を調べてみた

スポンサーリンク
音楽を聴く際に使うイヤホンが机にあるグッズ

スマホや音楽プレイヤーなどを使えば、外出先でも音楽を手軽に試聴できて便利ですよね。

耳に付けるイヤホンの種類に、自分なりのこだわりを持っている人も多いのではないでしょうか?

ですが、実際にイヤホンを使うと、頻繁に耳あかが付着することで困ってしまうときってあります。

私自身、音楽を聴く際にイヤホンを使うと、結構な確率で耳あかが付着してしまうタイプです。

そのことを友だちに聞いてみると「え?耳あかなんて、イヤホンにほとんどつかないよ?」という答えが返ってきたことがありました。

なぜ人によって、こうも違いがあるのでしょうか?

本記事では、人によってイヤホンに耳あかが付着しやすい場合と、あまり付着しない場合があるのはどうしてなのかについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

耳あかが湿っている人はイヤホンにあかが付くことが特に多い

鏡を見ながら耳掃除をして耳あかを取っている女性

あなたの耳あかは乾燥していますか?

それとも耳あかが湿っていますか?

まめ丸
まめ丸

実はイヤホンに耳あかが付着しやすいかどうかは、耳あかに湿りを帯びているかどうかでわかります。

耳あかが乾燥しているタイプの人は、耳あかに水分があまり含まれていません。

そのため、イヤホンにも耳あかが付着しにくいです。

しかし、耳あかが湿っているタイプの人は、耳あかそのものに水分が多く含まれています。

耳あかが湿っていることで、イヤホンにも耳あかが付着しやすいのです。

 

イヤホンに耳あかが付くのはなぜ?

「耳あか」とは耳の奥からでてくる垢の一種で、毛髪や粉じんが混じっているものです。

垢ができるたびに奥から手前に押し出される形で出てくるので、耳の入り口付近に溜まっていきます。

音楽を聴く際には、ちょうど耳あかが溜まりやすい箇所に、イヤホンを差し込むような形になります。

その結果、イヤホンに耳あかが付いてしまうのです。

 

スポンサーリンク

耳あかが湿っている人がいるのはなぜ?

遺伝子のイメージ

なぜ耳あかが湿っている人と、そうでない人がいるのでしょうか?

耳あかが湿っている場合「何か耳の病気だったらどうしよう…」

周りに耳あかが湿っている人がいなければ、そう考えてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

実は耳あかが湿り気をおびていることは病気などではなく、遺伝によるものなのです。

まめ丸
まめ丸

私も耳あかが湿っていますが、やはり家族にも同じ体質の人がいます。

以前、耳鼻科で耳あかの湿りについて聞いたことがあるのですが、これは遺伝が大きな原因なのだそうです。

両親のどちらかが湿った性質の耳あかな場合には、遺伝によって子供も耳あかが湿る性質になることがあるようです。

 

耳あかが湿っている「飴耳」の体質を持つ人の割合は日本では少ない?

耳あかが湿っているタイプのことを別名で「飴耳」とも言います。

これは耳あかの見た目が「ねり飴」のように、しっとりとしているからです。

実はこの飴耳、日本では割合が少ないことをご存知ですか?

日本人の7割は乾燥した耳あかだそうで、飴耳の割合は3割と半数以下なのです。

まめ丸
まめ丸

ちなみにこの飴耳、西洋ではかなり割合が多く、9割以上があてはまると言われています。

 

カナル型のイヤホンは耳あかが付きやすい?

音楽プレイヤーにカナル型イヤホンが繋がっている

あなたは普段、どんなタイプのイヤホンを使っていますか?

イヤホンには耳の手前ではめる「インナーイヤー型」や、耳の穴に差し込んで使う「カナル型」などがあります。

耳あかが乾燥タイプの人ならば、どんなイヤホンでも特に心配いりません。

しかし、耳あかが湿っている飴耳タイプの人には、カナル型はあまりおすすめできない理由があります。

それはカナル型は耳の穴に差し込む仕様であることから、耳あかもイヤホンに付着しやすいためです。

まめ丸
まめ丸

ちなみに私は昔カナル型イヤホンを使っていたのですが、耳の中が密閉されるような気分になったので、それ以来カナル型を使用していません。

もちろんカナル型にもメリットはあります。

密閉率が高いことで人気があるカナル型は、耳によくフィットして外への音漏れが少ないです。

「カナル型イヤホンの方が、音に迫力がでる」という人もいます。

音の質などが気になる人にとってカナル型は、使い勝手のいいイヤホンです。

ですが「音の質よりも、耳あかが頻繁にイヤホンに付く方が気になってしまう…」という人には、カナル型以外のイヤホンをおすすめします。

 

耳あかが湿っている人へのおすすめは「インナーイヤー型」や「耳かけ式ヘッドホン型」

耳あかが湿っている人がイヤホンを使うのであれば、できるだけ耳の内部に差し込まないタイプのイヤホンをおすすめします。

ちなみに私自身は耳にひっかけて使う「耳かけ式ヘッドホン型」を使っています。

まめ丸
まめ丸

耳あかでイヤホンが汚れないのと、耳の穴が湿度を感じないので快適です。

「インナーイヤー型」も以前使ったことがありますが、直接耳の中に深く差し込んで使う仕様でないので、イヤホンに耳あかが付きにくいメリットがあるので使い勝手いいですよ。

おすすめのインナーイヤー型イヤホンと耳かけ式ヘッドホン型イヤホンについて、詳しくはこちらの記事で人気の機種をピックアップしています。

耳あかが湿っているタイプの人におすすめしたいイヤホンの特徴と人気の種類をピックアップ
耳あかが湿っている管理人がおすすめのイヤホンをご紹介しています。耳あかが湿っていても、毎日快適に使うことができる便利なイヤホンをタイプ別に分けてピックアップしました。それぞれのイヤホンが持つ特徴について記事にしているので、普段使いのイヤホンを選ぶ際の参考にしてください。

 

まとめ

耳あかがイヤホンに付着すると、そのたびに汚れをふき取るのがめんどくさいものですよね。

特に耳あかが湿っている人の場合、頻繁に耳あかが付くので衛生面も気になります。

耳あかが湿る飴耳は遺伝によるものなので、自分ではどうしようもありません。

しかし、イヤホンの種類を上手く選ぶことで、耳あかの頻繁な付着を防ぐことは十分に可能です。

自分の体質に合った製品を探して、快適にイヤホンを使いたいものですね。