健康にいい野菜ジュースも飲む時間帯によっては逆効果?!その理由を調べてみた

スポンサーリンク
まめ知識

「野菜ジュース」は手軽に栄養を摂取できることから、飲む人の人口が近年増加傾向にある人気のドリンクです。

血圧を抑えたりダイエット効果などもあるため、男性と女性両方から支持が高まってきています。

ですがこの野菜ジュース、飲む時間帯によってはまったく健康効果がないどころか逆効果とさえ言われているのです。

今回はその理由と、野菜ジュースが持つ体への効果について調査してみました!

 

スポンサーリンク

野菜ジュースを飲むならば朝がおすすめ!

朝飲むためのトマトジュースがコップに入っている

普段は野菜ジュースを飲む時に、時間帯を気にせずに飲んでいる方も多くいるのではないでしょうか?

結論から言いますと野菜ジュースの栄養を健康に役立てたいのであれば、朝起きて朝食と一緒に飲むのがベストです。

これにはいくつか理由があります。

 

野菜ジュースは消化吸収がいい

健康に効果があると言われる理由に、野菜ジュースの消化吸収の良さが挙げられます。

朝起きてすぐの時間帯というのは、あまり胃腸の働きが活発ではありません。

野菜ジュースは調理して食べる野菜そのものと違って、液体なので朝起きて飲んだ時でも消化の手間が比較的かからないのです。

さらに朝野菜ジュースを飲むことは腸を目覚めさせるうえでもとても大切。

腸の動きを活発にしてくれるので、便秘の解消にもつながります。

 

野菜ジュースは栄養価が豊富で飲みやすい

ブロッコリーやトマトなどたくさんの野菜が机に乗っている

野菜を絞ってつくる野菜ジュースは、1杯の中に栄養素をギュッと濃縮させて作られています。

そのため「朝は食欲があまりなくて朝食がたくさん食べられない」という人でも、野菜の栄養をしっかりと摂取することができるのです。

皆さんは自分の好き嫌いから、ついつい食べずにいる野菜ってありませんか?

野菜ジュースは誰もが好きで食べやすい野菜や果物を使って作られているので、普段嫌いで食べていない野菜でもすんなり飲むことが可能なことも大きなメリットなのです。

 

野菜ジュースを飲むことで血行を促進してくれる

寒い季節、朝起きても体が寒さでなかなか動きが鈍い時ってありますよね?

そんな時には、血行促進を助けてくれる野菜ジュースが効果的です。

なかでも「リンゴ」「ニンジン」などの、体温を上げてくれる性質を持つ野菜の入ったジュースが特におすすめ!

さらに体の代謝をあげることは、血行促進による冷え性の改善のほか、ダイエットにも効果があるので痩せたい人にもピッタリなんです。

ただし「トマト」や「バナナ」などの夏野菜と果物には、体を冷やす効果があるので野菜ジュースを選ぶ時には注意が必要です。

ちなみに根菜類には体を温める効果のあるものが多いですよ。

根菜類について詳しくは以下の記事でご紹介しています。

発酵食品と根菜類は体を温める効果があるっていうけれどもどうして?

 

スポンサーリンク

ダイエット中の人は特に野菜ジュースを飲む時間帯に気を付けよう

ダイエット中でスクワットを頑張る女性

近年、野菜ジュースを使ったダイエットがブームとなっています。

食事の前に野菜ジュースを飲んで食べすぎを防ぐ効果や、血行が良くなることで冷え性の改善が期待できるためダイエットにもおすすめです。

ただしこれらの効果を得たいのであれば、やはり野菜ジュースを飲む時間帯について考えなくてはいけません。

なぜならば野菜ジュースには、糖質が含まれているからです。

現在ダイエット中で食事の際に食べるものを制限したり、糖質を気にしている方もかなりいるのではないでしょうか?

「野菜はダイエットに効果があるのに、今日はあまり食べれなかったな~」

ダイエット中そんな風に思って、夜になって反省する日もありますよね。

ですがそこで今日の分の野菜を補おうと野菜ジュースを寝る前などに飲んでしまうと、中に含まれている糖質をそのまま体に吸収してしまいます。

健康のために糖質制限をしている人にとって、これではまったくの逆効果ですよね。

そうならないためにもダイエット中の人が野菜ジュースを飲む時には、朝起きて朝食と共に飲むように心がけてみてください。

 

野菜ジュースを朝飲む時に注意したいポイント

野菜ジュースを朝飲む時に気を付けたいことについてチェックしている女性

このように朝飲むことでさまざまな健康効果が得られる野菜ジュースなのですが、注意したいポイントがあります。

それはオレンジなどの柑橘類が入っている野菜ジュースは、朝飲むのにおすすめできないということです。

その理由は柑橘類に含まれている「ソラレン」という成分が体内に入ることで、肌に紫外線を吸収させやすくなってしまうからなのです。

しかしオレンジなどの柑橘類は、風邪予防に効果のあるビタミンCが豊富で肌のシミを抑制する効果も持っているので、美肌を目指している人にとってはぜひとも摂りたい栄養素です。

そのためオレンジの含まれている野菜ジュースは朝ではなく、午後の仕事の休憩時や夕方くらいまでに飲むのがおすすめ。

朝は柑橘類の入っていない青野菜中心のジュース、夕方はオレンジが入っている野菜ジュース、など入っている野菜や果物の成分をチェックして飲むとあますことなく栄養価を摂ることができますよ。

 

まとめ

健康にいい「野菜ジュース」は、飲むことで簡単に不足している分の栄養素を摂取できます。

普段味が苦手で食べずらい野菜や、ダイエット中で食事量をセーブしている時でも、しっかりと体に足りないものを補うことが可能です。

これほど効果のある野菜ジュースですが、飲む時間を考えないと体に逆効果になってしまうので、飲む際には朝起きてから朝食といっしょに摂るようにしてみてください。

朝の目覚めもシャキッとしますし、午前中の活動量もアップできますよ。