よく噛んで食べるとセロトニンが増加してストレス解消への近道になる

スポンサーリンク
味わいながらサラダを食べている女の人まめ知識

お腹が空いている時に食べるごはんは、いつも以上においしく感じられますよね。

ですが急いで食べてしまう時、ほとんど噛まずに食べ物を飲み込んだりしていませんか?

子供のころ学校や家庭で食事中に「よく噛んで食べなさい」と注意された記憶が誰でも1度はあるのではないでしょうか?

実はこのよく噛んで食べるという行為には体にいいだけでなく、ストレス解消に繋がり精神面にも効果があることが最近の研究によってわかってきています。

「よく噛むことはなぜ、そんなに健康にいいのか」その理由について調べてみました。

 

スポンサーリンク

食べ物をよく噛むことで脳内でセロトニンが増加する

よく噛んで食べているのでストレスが軽減した人

以前、笑うことはストレス解消にいいってほんとう?体の免疫力にも効果が!という記事の中で「セロトニン」が別名「幸福ホルモン」と言われていることについてご紹介したことがあります。

セロトニンは、人間の脳内で分泌される神経伝達物質です。

主に睡眠や精神の安定作用と深い関わりを持っています。

それだけにセロトニンが体内で不足してしまうと、イライラ感が増加したり不眠症の症状が現れてしまうことも多くあります。

でも安心してください。

よく噛んで食べることで、不足してしまったセロトニンの増加を促すことは可能です。

またセロトニンには普段蓄積されたストレスをやわらげる効果まで備わっています。

セロトニンは心身を癒す意味でもとても大事な物質なのです。

普段の忙しさでイライラ感を多くを実感している方には、ぜひ普段からよく噛んで食べることをおすすめします。

目安としては、1口に付き20~30回程度よく噛んで食べることです。

 

セロトニンを増やすにはガムを噛むのも効果的?

カラフルなガム

噛むという行為はあごを一定のリズムで動かすので、1つのリズム運動として捉えられています。

脳内でセロトニンを増やすのには、このリズム運動こそがとても大切なのです。

食事時によく噛むこと以外にもおすすめしたいのは「ガムを噛むこと」です。

ガムを噛むこともこの一定のリズム運動にあてはまるので、セロトニンの活性化につながります。

食事中以外でもあごを活発に動かすことができるので、より一層セロトニンの分泌を促すことが期待できるんです。

また噛むということはストレス解消効果のほかにも、脳内を活性化させる働きがあるので集中したい時にもガムを噛むといいですね。

 

スポンサーリンク

唾液の中にも癒しの効果が?

よく噛むことによるリズム運動はセロトニンの増加の上で大切です。

さらに、よく噛むことは口の中の「唾液」の分泌をさらに促す効能もあるのです。

虫歯を防ぐ働きがあるということで注目されることの多いこの唾液ですが、実はこの唾液には私たちの身体を癒してくれる効果があることが研究によりわかっています。

唾液の中には私たちの疲労感を癒してくれる「ペルオキシダーゼ」という成分が含まれています。

これは酵素の種類1つで、体にできた活性酸素を取り除いてくれる働きがあるのです。

普段あまり意識していない口内の唾液にそんな癒しの効果があるなんて驚きですよね。

噛めば噛むほど体の疲れが癒やされるのですから、これを普段の生活で利用しない手はありません。

 

よく噛むと胃腸にも負担をかけない

よく噛んで食べたので胃腸の調子がいい人

私たちが普段口にしている食べ物は、噛むことによって細かく小さくなります。

よく噛んで食べるということは、胃腸での食べ物の消化を促進することにも繋がっているのです。

皆さんは食事の後で消化不良を起こして、胃もたれなどを起こしたことはありませんか?

あまり噛まずに飲み込んでしまうと、食べ物を消化する時に胃腸に対してかなりの負担をかけることになってしまいます。

その結果、胃もたれやむかつきなどの胃腸障害が起きてしまうのです。

胃もたれを起こすと胃腸にも負荷がかかる上、自分自身も疲労感を感じますよね。

よく噛んで食べるだけで、これら胃腸へのストレスを軽減することが可能なのでぜひ実行してみてください。

 

よく噛むことはダイエットにも効果あり!

よく噛んで食べることは胃腸の負担を軽減するほかにも、脳内の満腹中枢を刺激する効果があります。

満腹中枢を刺激すると、食べ過ぎを防げるのでダイエット効果にも繋がりますよ。

ダイエット中の人は、食べ物を減らしたり食べることを抑制することによりストレスを感じることが多くあります。

そんな時こそよく噛んで満腹中枢を刺激し、食べることの満足感を増加させることがおすすめです。

本当に効果があるので、ダイエット時にはよく噛んで食べることを試してみてくださいね。

 

まとめ

食事の時によく噛んで食べるということは、ささいなことながら多くのメリットを私たちにもたらしてくれます。

セロトニンの増加にしてもダイエット効果にしても、大切なことはよく噛むということを毎日継続することだと思います。

特に普段あまり噛まずに飲み込んでしまう人は、明日からでも食事中よく噛むことに気をつけてみてください。

セロトニンも増加してストレスが軽減できる以外にも、胃腸への負荷がかからないようになって消化の良さを体感できますよ。