ドコモの新サービス「おみやげWi-Fi」ってどんなもの?実はすごく画期的なサービスだった!

スポンサーリンク
おみやげWi-Fiの意味がわかっていないみやげWi-Fiの内容がわからないイメージまめ知識

ドコモの携帯を使って15年くらいたつのですが、その間ドコモではさまざまなサービスが提供されてきました。

ギガ数に関することや料金の定額サービスなど、どれも今では当たり前のようになっていることも多いです。

実は最近、ドコモから全く新しい画期的なものが発表されました。

それが「おみやげWi-Fi」です。

最初この話を聞いた時「おみやげWi-Fiってなんだ…?Wi-Fiの機器をおみやげにするの?」と思いました。

ですが、実際に調べてみると全く違うサービスだったので、本記事でご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

おみやげWi-Fiってどんなサービス?

Wi-Fiのあるところのイラスト

ドコモが始めた「おみやげWi-Fi」は、観光地にあるフリーWi-Fiを利用した画期的なサービスとなっています。

このおみやげWi-Fiを利用することで、旅先でスマホを使っておみやげを購入、さらに発送まで行えます。

 

おみやげWi-Fiの仕組み

  1. 実際に観光地に行って、現地でドコモが提供してるフリーWi-Fiを利用します。
  2. するとスマホにおみやげのページが自動で表示されます。
  3. そこからおみやげを選んで、ネット注文することが可能です。
まめ丸
まめ丸

こうしてみるとおみやげWi-Fiって結構便利なシステムですね。

おみやげWi-Fiですが、相手のメールやLINEのアプリから選んだ商品を送れます。

そのため、住所などの明記は相手に記入してもらうようになっています。

 

スポンサーリンク

現在は広島県でのみ導入されている

広島名物の牡蠣がたくさんある広島県の名物であるもみじまんじゅう

ドコモのおみやげWi-Fiですが、現在は広島県でのみ導入されています。

現在広島県内では100個所ほどで提供中のようですが、ドコモによればこれから徐々に全国展開していくみたいです。

まめ丸
まめ丸

日本国内にはいろんな有名観光地が他にもいっぱいあるので、たくさん使えるスポットを増やしてほしいところです。

 

おみやげWi-Fiはこんな時に便利

旅先でネットを使いおみやげを買うことができるおみやげWi-Fiですが、どんな場合に使えば特に便利なのでしょうか?

実際に使用するとこんな時に便利だろうなと思われることについて、以下の項目で考えてみました。

 

おみやげの荷物が邪魔にならない

おみやげの袋とお饅頭の入った入れ物

旅行中、意外と邪魔になってしまうのが購入した後のおみやげの数々です。

まめ丸
まめ丸

普段仲良くしている人や会社の人たちに、せっかくだからおみやげを買おうとたくさん購入することってありませんか?

いざおみやげを買ってみたはいいけれど、実際に買うと思っていたよりも量が増えて、荷物が大量にできて困ってしまった。

そんな経験をしたことがある人って結構多いハズです。

しかし、おみやげWi-Fiを使えば直接、相手の住所に購入したおみやげが届けられるので、荷物が増えません。

荷物を持たずに、快適に旅を続けられます。

 

遠くに住んでいる友だちや家族にもおみやげを送れる

スマホを使っておみやげWi-Fiで遠くに住む友におみやげを買っている女性

おみやげWi-Fiを使う際に、便利なのが遠くに住んでいる友だちや家族にも購入することが可能であることです。

普通におみやげを買えば、直接会うことができる自分の周囲の人にしかあげることはできません。

しかし、おみやげWi-Fiを使えば相手の住所に自分が選んだ品が届けられます。

そのため、他県に住んでいる友だちなどにもおみやげを送ることができるのです。

 

相手に住所を書いてもらうので手間がかからない

宅配の伝票

おみやげWi-Fiで相手に選んだ品を送る場合、意外と便利なのが住所を自分で書かなくていいことです。

自分が住んでいるところならばともかく、相手の住所を書くって結構地味に手間がかかります。

住所をあらかじめ知っていても実際に書くとなると、どんな風に書けばいいのか悩んでしまうことってありませんか?

まめ丸
まめ丸

いつも書き馴染みのない住所って書くのが意外と面倒なものです。

どの点、おみやげWi-Fiならば相手にネット上で直接住所を記載してもらうので、まったく面倒じゃありません。

 

まとめ

ドコモが始めた「おみやげWi-Fi」ですが、調べてみるとかなり便利なもので、観光地で実際に使うと便利な仕様になっていると思います。

今は国内でも広島県だけで提供されていますが、ドコモによるとこれから全国に展開するようです。

観光地ではおみやげが荷物になることがあるので、これから全国津々浦々に広まってほしいですね。