意外な使い勝手の良さで大人気!小さい水筒の使い道はどんなものがある?

スポンサーリンク
小さい水筒を飲んでいる女性のイラストグッズ

最近ネットやテレビでも取り上げられている、ちまたで大人気の商品があります。

それが、コップ一杯分の水分を入れて持ち運べる「小さい水筒」です。

雑貨などをたくさん扱っているお店では、昨年から合わせてなんと80万個以上も売れたそうです。

「コップ一杯分しか入れられないのに、どうして小さな水筒がそんなに人気があるの?」

最初はそう思っていたのですが、実際手にするとその使い勝手の良さから、小さい水筒の人気が高まっている理由がわかりました。

そこで本記事では、コンパクトなサイズで話題の「小さい水筒」のおすすめな使い道について、ご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

ミニバッグに入りやすいコンパクトな水筒

小さなミニバッグと上着がベッドの上にある

近年、女性に人気が高くなっているファッションアイテムとして「コンパクトなサイズのミニバッグ」があります。

まめ丸
まめ丸

ミニバッグはカジュアルな雰囲気で肩からさげやすいこともあり、町で見かけることが多くなりました。

オシャレで手軽に使えることがメリットのミニバッグなんですが、ひとつだけデメリットがあります。

コンパクトであるがゆえ、バッグ内にものがあまり入らないのです。

財布やスマホなど、主要なアイテムをミニバッグに入れてしまうと、普通サイズの水筒は大きくて入りません。

そこで便利になってくるのが「小さい水筒」です。

小さい水筒ならばサイズが普通よりもかなり小さいため、バッグ内に簡単に入れられるメリットがあります。

そのため、ミニバッグ愛用者からも好評になっているのです。

 

スポンサーリンク

薬を飲むのに便利な量を持ち歩ける

外出先でも飲まなくてはいけない薬の錠剤シート

外出した際に、薬を飲まなくてはいけないことってありますよね?

処方薬や風邪薬、または花粉の薬など何かと薬を飲む必要がある場合って多くあります。

まめ丸
まめ丸

私自身もそうですが、最近ではサプリメントなども外出先で飲んでいる人って結構いるのではないでしょうか?

そんな時でも、普通サイズの水筒だと量が多すぎたり、水筒そのものの持ち運びが面倒なことがよくあります。

こんな場合にも、小さい水筒の利用が便利です。

小さい水筒は、コップ一杯分の水分を入れて持ち運びが可能なアイテムです。

薬を飲むのにちょうど良い適量を持ち歩けることも、小さい水筒が持つ大きなメリットになっています。

 

散歩の際の水分補給にちょうどいいサイズ

バッグを肩からさげて散歩中の女性

ダイエットや健康作りのために、散歩を日課にしている人もいるのではないでしょうか?

近年の健康ブームに伴い、街中でも散歩やジョギングをしている人を多く見かけます。

散歩時に欠かせないものが、こまめな水分補給です。

まめ丸
まめ丸

暑い夏はもちろんのこと、寒い冬の間でも空気中の乾燥から、ちょっとずつ水分を補給することは大切です。

そんな散歩時でも、小さい水筒は大活躍してくれます。

たとえば身軽な格好で散歩する際、コンパクトな水筒であれば場所を取りません。

外を散歩する時にも、小さい水筒であれば手軽に持ち運びができるメリットがあるのです。

コップ一杯分という、ちょうどいい適量を散歩時にも給水することができますよ。

 

まとめ

「小さい水筒」はこのように、日常生活の中で役に立つ便利アイテムとなっています。

薬を飲む時や散歩時の給水など、水分を必要とする場合でもコンパクトであるため使い勝手が抜群にいいです。

内容量もコップで一杯ほどなので、持ち運びの際でも重くないことから女性でも手軽に扱えます。

何より小さいので、バッグ内でも場所を取らないのが大きなメリット。

外出時の水分補給用のアイテムとして、普段から活用するのにもピッタリですよ。

 

合わせて読みたい

小さい水筒のおすすめの使い道について、本記事内でご紹介しました。

近年の小さな水筒ブームにともない、現在さまざまなメーカーから小さい水筒は発売されています。

いろんな特徴を持った水筒が販売されているのですが、その中でも特におすすめのものについてをこちらの記事で5種類ほどピックアップしています。

いろんなメーカーから発売されている小さな水筒の人気商品についてご紹介!
小さい水筒のおすすめについて特集しています。コンパクトさがメリットの水筒や保温力の高い水筒など、それぞれが持つメリットやカラーリングなどについても記事のなかではご紹介。自分に合った小さい水筒の種類で迷っている時の参考にしてください。