癒し効果がある「ゆらぎ」を日常に取り入れる方法について調査

スポンサーリンク
ゆらぎまめ知識

ストレス解消にも効果があると、近年「ゆらぎ」が注目されています。

しかし、いざ「ゆらぎ」と言われてもどういうものなのか詳しくはわからないという方が多いのではないでしょうか?

そこで今回は「ゆらぎとは何か」と、「ゆらぎはどうすれば取り入れられるのか?」について調べてみました。

 

スポンサーリンク

そもそもゆらぎとは何なのか?

疑問を持つ

「ゆらぎ」とは一体どういったものなのでしょうか?

それを知るには、まずゆらぎとは反対の位置にある状態の「一定環境」についてもご紹介しなくてはいけません。

一定環境とは、例えばエアコンなどで気温や湿度などが常に同じ状態で快適に保たれている環境のことを言います。

これを聞くと寒さや暑さを感じないでいられる為、一見「それはいいことじゃないの?」と思てしまいますよね。

確かにオフィスなどで忙しい時に、ずっと快適な温度や湿度でいられることはとてもいいことです。

しかし、少しの間ならばこれで何も問題ないのですが、人間は長時間同じ一定環境にいると「自律神経」が疲れてしまいます。

自律神経に負担をかけてしまうことは、自分では気が付かない間に脳が疲労している状態になってしまっているのです。

そこで大切になってくるのがゆらぎです。

同じ状態が保たれていることを一定環境という反面、ゆらぎは正しいリズムを少しずらしているけれどもある程度の規則を持っていることを指すものです。

そして最近では長い時間のデスクワークでも、職場にゆらぎ環境を作って少しリズムをずらすことにより、社員の疲労感などのストレスがかなり癒されることがわかっています。

 

スポンサーリンク

ゆらぎを取り入れる方法にはどんなものがあるの?

森にいる鳥の鳴き声

このように長時間の作業などで溜まった疲労感やストレスに、ゆらぎはとても効果的であることがお分かりいただけたと思います。

では実際にオフィスや自宅などで、どのようにすればゆらぎの環境を作ることができるのでしょうか?

ゆらぎは主に自然界に多く存在していると言われています。

例えば「川のせせらぎ音」「小鳥の鳴き声」などは、特にゆらぎ効果が高いことで知られています。

しかし、オフィスで仕事をしているときに疲れたからと、小鳥の声を聞きにわざわざ外に出かけるわけにはいきません。

それに近くに川や森などの自然があるともかぎりませんよね。

そんな時には、窓を少し開けて風を入れるだけでもゆらぎを感じることが可能です。

手軽な方法なので、すぐに実行できるのもポイントです!

高層階のオフィスなどさまざまな理由で窓を開けられない場合には、自然界の音が収録されている「音楽CD」も効果がありますよ。

寝る前に聴くと気持ちがリラックスできる 癒しの音楽CD5選という記事で紹介したCDも、癒し効果が高いのでおすすめです。

 

植物のパワーを身近に感じることも効果的

窓辺の観葉植物

窓を開けて風を取り込んだり、自然の音に触れる以外にも、普段から手軽にゆらぎ効果を得られる方法があります。

それはオフィスや自宅に「観葉植物」を置くことです。

太古の昔、もともと自然の中で生活してきた人間にとって、空調設備の整った部屋に長い時間いるとある意味ストレスになってしまうことがあります。

そこでゆらぎを得るために植物の力を借りましょう。

ちょっとした空間に観葉植物を置いておくだけで、ゆらぎの環境を作ることができます。

観葉植物の種類はどんなものでもいいですが、マイナスイオンの効果も得られるので葉が多いものが一石二鳥でいいですね。

観葉植物は自然の空気清浄機?!初心者にもおすすめの品種はどれ?という記事にある観葉植物も管理がしやすいのでおすすめですよ。

 

まとめ

長時間机に座っていると神経にも負担がかかりますし、疲労感も感じてしまいます。

ゆらぎの環境を作ることで、癒しの効果も得られる他に自律神経の乱れも整えてくれる作用があります。

ほんの少しの工夫で仕事中でもリラックスできるので、ぜひ1度試してみてはいかがでしょうか?

また、ゆらぎには仕事の効率良くする効能もあるので、仕事の質や量をアップしたい方は積極的に取り入れてみるのもおすすめですよ。