お茶を使ったうがいには口臭を抑える効果があった!風邪予防にもいいって本当?

スポンサーリンク
風邪予防にお茶でうがいをする女の子まめ知識

あなたは外出先から帰宅した時に、どんな方法でうがいをしていますか?

おそらくほとんどの人が、水道水を使ったうがいを行っているのではないでしょうか。

実はうがいにはただの水ではなく、お茶を使ったほうがさらに体に対して健康効果があることがわかっているのです。

お茶を使ったうがいには口臭に効果的だったり、風邪予防に効果があったりするため、おすすめです。

そこで本記事では、お茶を使ったうがい法の持つ効果について詳しくご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

お茶でのうがいは口臭に効果がある

口臭のある人のイメージ画像

エチケットや身だしなみを気にする人の間で、よく話題になるのが「口臭」です。

症状には多少なりとも個人差があるため、普段はあまり口臭を気にしない人もいるかとは思います。

しかし、それでも「にんにく」などの強い匂いがする食材を食べた後などは、どうしても口の匂いを気にする人が多いのが現状です。

まめ丸
まめ丸

実はこれら気になる口臭に対しても、お茶でのうがいが効果的であることをご存知でしょうか?

お茶に配合されている有名な成分である「カテキン」には、殺菌作用が含まれています。

うがいをすることによってカテキンの殺菌作用は、口内にいる細菌の数を減らしてくれる働きをしてくれます。

さらに、カテキンの成分にはこの殺菌作用以外にも、匂いを消す消臭効果まで備わっているのです。

そのため、お茶でうがいをすることで、気になる口臭を抑える効果を得ることができます。

口臭予防のうがいで使うお茶の種類ですが、緑茶」「ほうじ茶」など、自分が好きなお茶でかまいません。

 

そもそも口臭はなぜ起こる?

口臭は舌の上に「舌苔」という、舌にできる苔によって引き起こされます。

まめ丸
まめ丸

この舌苔はもともと私たちの舌にあるなので、普段は何も心配いりません。

ですが舌苔は、胃腸の働きが滴下したりストレスなどによって乱れた体調の変化で、通常よりも過剰に量が増えてしまう性質を持っています。

そしてこの舌苔の量のバランスが崩れてしまうと、口臭の原因になってしまうのです。

ストレスなどで舌苔が増えてしまった時にはウイルス対策としてだけでなく、口臭予防もかねてお茶でうがいをするように心がけたいですね。

 

スポンサーリンク

お茶でのうがいは風邪予防の効果もある

うがいをするためのコップを持っている人

抵抗力が弱くなっている時に、空気中を舞う細菌やウイルスが人間の体内に入ってしまうことで風邪は発症するようになっています。

そのため風邪をひかないようにするには、体内に入った細菌類を外に排出することが大切です。

もちろん水道水でのうがいでも、風邪に対する効果はあります。

ですがもっと風邪予防の効果を高めたいのであれば、日本人が昔から親しんできた「お茶」を使ったうがいがおすすめです。

なぜならばお茶に含まれている「カテキン」には、風邪のウイルスを退治してくれる効果があるからです。

まめ丸
まめ丸

実はこのカテキン、ポリフェノールの一種で体内に入った菌類を殺菌するすごい作用を持っています。

お茶に多く含まれていることで知られるカテキンなのですが、お茶と一口に言っても種類によってその含有量には違いがあります。

風邪予防のうがいを行う際におすすめしたいお茶の種類を、下記でピックアップしてみました。

 

風邪予防のうがいでおすすめのお茶は「緑茶」

うがいに効果的な緑茶が入った湯のみが急須と一緒におぼんの上に2つある

風邪を予防する際にうがいをするのであれば、おすすめのお茶は「緑茶」です。

まめ丸
まめ丸

日本茶の流行にともない、今や緑茶は世界的にも人気がある飲み物となっています。

「緑茶は渋みがあるから普段はあんまり飲まないな…」

そんな人も中にはいらっしゃるかもしれません。

実は、緑茶に多いあの渋みこそがカテキンの持つ味なのです。

普段はあまり飲むことがなくても、風邪やインフルエンザへの殺菌作用はかなり高いので、風邪が流行している季節には緑茶うがいをおすすめします。

 

緑茶が苦手な人はどんなお茶でうがいをすればいい?

うがいに効果のあるほうじ茶入りの湯のみが机の上にある

緑茶の持つカテキンの渋みがあまり好きではない方にとっては、緑茶をうがいに使うことへの抵抗を感じる場合もあるんじゃないでしょうか?

そんな時におすすめしたいお茶の種類があります。

それが「ほうじ茶」「紅茶」です。

どちらも緑茶に比べると、カテキンの含有量は少々劣ります。

それでも水に比べれば、かなり高い風邪予防効果を持っているのでおすすめですよ。

 

ほうじ茶

ほうじ茶は風邪の予防に効果的なことで有名な「ビタミンC」が、レモンの5倍も含まれているお茶です。

そのため風邪を予防する際には、積極的に使ってほしいお茶の種類となっています。

まめ丸
まめ丸

緑茶が苦手な方は、ほうじ茶など他のお茶を使ってうがいをしてみてくださいね。

ほうじ茶が持つその他の効能について、詳しくはこちらの記事でご紹介しています。

なぜ女性を中心にほうじ茶ブームが来ているのか?理由を調べてみた
近年、女性を中心とした「ほうじ茶」のブームが来ていることをご存知でしょうか? コンビニ店や有名コーヒーチェーン店では「ほうじ茶ラテ」が大人気で、本来予定していたラテの売り上げ目標をかなり早く達成...

 

紅茶

紅茶は風邪だけでなく、インフルエンザに対しても効果があります。

予防以外に感染した後でも効果的なので、早めに治したい時にはおすすめのお茶です。

インフルエンザに対する紅茶の詳しい予防効果について、こちらの記事も参考になります。

インフルエンザには紅茶を飲むといいってほんとう?その理由について調査してみた
インフルエンザの季節になると、感染予防に悩む方は多くいます。 特に流行のシーズンである冬場は空気がかなり乾燥しているので、予防するのにも一苦労ですよね。 さらにインフルエンザウイルスは強力...

 

まとめ

お茶を使ったうがいは、簡単にできる口臭対策として便利です。

匂いの強い食事を食べた後など、うがいをするだけで口臭を打ち消せるので利用しない手はありません。

また、風邪の予防にも効果があるので、外出先から帰宅した時には積極的にお茶うがいをしてみてください。

もちろんお茶でのうがいだけでなく、手洗いもいっしょに行うことで、さらなる予防効果が高まりますよ。

手軽にできるのに体にいい効果がたくさんあるので、お茶を使ったうがいを試してみてくださいね。