「室蘭うずら園」の「うずらのプリン」はあっさりした甘さが魅力の名物デザートだった!

スポンサーリンク
室蘭のうずらプリンの瓶を上から撮影した食べ物・飲み物

先日、家族が北海道に出張した際にお土産として「プリン」を買ってきてくれました。

それが「室蘭うずら園」というところが作っている「うずらのプリン」だったのですが、これがすごくおいしくって思わず感動!

このうずらプリン、実は密かに人気が高いらしく、知る人ぞ知る北海道の名物デザートだったようです。

そこで本記事では、「室蘭うずら園」の「うずらプリン」についてレビューしていきます。

 

スポンサーリンク

室蘭うずら園のうずらプリンは、うずら卵を惜しみなく使っている贅沢なデザートだった!

室蘭うずら園のうずらプリンの瓶

室蘭うずら園が作っている「うずらのプリン」は、名前の通りうずらの卵を使用して作られています。

実はこのうずらのプリン、購入する際にお店の方に家族が聞いたらしいのですが、プリン1個作るのにうずら卵を5~6個ほど使っているそうです。

まめ丸
まめ丸

プリン1つにうずらの卵を5~6個使うなんて、すごく贅沢なデザートですよね。

ふんだんにうずらの卵を使っているだけに、食べてみると味もすごくおいしいです。

もともとプリンは口どけが滑らかなデザートとして知られています。

ですが、室蘭うずら園のうずらのプリンは普段食べているものより、もっと濃厚でもっと滑らかな舌触りでした。

スポンサーリンク

うずらのプリンは2層になっていて、味も2倍おいしい!

うずらプリンの瓶の横から見た画像

上の画像は、うずらのプリンの瓶を横から見た様子です。

まめ丸
まめ丸

写真ではわかりにくいのですが、うずらのプリンは2層構造になっています。

下の段はやわらかな口どけのプリンで、上の段はムースのような舌触りが特徴のクリーミーなプリンです。

1度で2度違った食感と味わいが楽しめるので、プリン好きには感動ものの味ですよ。

あとうずらの卵をたくさん使っているのに、卵の臭さなどは一切ありません。

甘さも上品でしつこくなく意外にあっさりとした味なので、甘いものを普段あまり食べない方でも食べやすいです。

うずらのプリンをスプーンですくっている

瓶の底の部分には、プリンおなじみのカラメルもしっかり入っています。

うずらのプリンそのものが珍しいので、人へのプレゼントにも喜ばれますし、自分へのご褒美にもおすすめですよ。

室蘭うずら園は北海道の生うずら卵シェア100%

うずらのプリンを製造している室蘭うずら園は、北海道内の生うずら卵のシェア率が100%となっています。

1983年以降、長年会社で孵化をして育てているそうで、薬やワクチンの投与を必要としない「無投薬飼育」を実施しています。

室蘭うずら園はまさに、北海道では名の知れた老舗のうずら屋さんなのです。

まめ丸
まめ丸

うずらのエキスパートのお店だからこそ、おいしいうずらのプリンが作れるわけなんですね。

 

まとめ

室蘭うずら園のうずらのプリンは、あっさりとした味わいが魅力の北海道の有名なプリンです。

プリン1個を作るのに、5~6個のうずらの卵を使っているなど、普段ではなかなかお目にかかれない贅沢なデザートとなっています。

クリーミーな部分と滑らかな部分の2層になっているプリンなので、味も2倍楽しめますよ。

なによりすごくおいしいうずらのプリンなので、自分はもちろん人へのプレゼントにもおすすめです。