熱帯夜にエアコンの設定温度を高めにしてもぐっすり眠れるおすすめ快眠グッズ3選!

快眠グッズで夏でも熟睡している男性グッズ

連日の猛暑でぐったりしていると、疲れが溜まってしまいますよね。

暑い夏こそ、体力回復のために睡眠は大切です。

でも実際には、夜になっても暑さが続き「熱帯夜でなかなか熟睡できていない!」という方も少なくありません。

そんな熱帯夜におすすめしたいのは「夏の快眠グッズ」です。

今回は数ある快眠グッズの中でも、手軽に使えるものを中心に集めてみました。

 

スポンサーリンク

頭を冷やして蒸れ感を解消してくれる「塩まくら」

頭を冷やして足を温かくすることは、健康に効果的であると昔から有名で「頭寒足熱」という言葉もあるくらいです。

しかし、近年の日本の夏は熱帯夜が続くことも多く、夜になっても気温があまり下がりません。

まめ丸
まめ丸

そのため寝る時になっても体の暑さが取れずに、寝つきの悪い思いをすることもしょちゅうあります。

特に頭には熱がこもりやすく、睡眠時に寝苦しさを感じている方も多いのではないでしょうか?

そんな時におすすめなのは「塩まくら」です。

名前の通り、中には綿などの代わりにが入っています。

「塩まくら」には、頭を冷やして血行をよくする効能があります。

まめ丸
まめ丸

私も使ってますが使用すると頭の熱や蒸れ感が解消されるので、熱帯夜でも快適に眠ることができて気持ちいいです。

頭に熱のこもりやすい一方で、エアコンの使用により夏の体は意外にも隠れ冷え性になっている場合が多くあります。

そんな矛盾が起こっている体の血行を「塩まくら」は改善してくれるので、エアコンが原因の冷えや肩こりなどにも効果的ですよ。

エアコンの設定温度が高めでも、塩まくらの効果で頭は涼しく感じられます。

 

スポンサーリンク

背中にこもった熱を解消してくれる「冷感抱きまくら」

抱きまくらと聞けば、なんだか暑苦しい感じがするかもしれません。

しかし実は夏にこそ使うべき、快適な寝具として知られている抱きまくらがあります。

それが触って涼しい「冷感抱きまくら」です。

これはカバー生地に冷感素材を使用しているので、体が触れるとひんやりと感じて気持ちいいです。

熱帯夜で寝苦しい夜でも、快適に寝ることができますよ。

日本の夏は蒸し暑いので、夜寝ていると布団を蹴ってしまっていることってありませんか?

まめ丸
まめ丸

寝ている時に無意識に布団をのけてしまうのは、体が布団をかけることで暑さを感じるからです。

この暑さですが、睡眠時に背中に熱がこもることで、より感じやすくなると言われています。

そんな時、抱きまくらを使い横を向いて寝ることによって、背中に熱がこもるのを防げるのです。

夏の快眠にいい抱き枕ですが、近年問題になっている睡眠時無呼吸症候群にも効果があると、症状に悩んでいる人の間で話題になっています。

抱き枕のさらに詳しい効果については、こちらの記事でもご紹介。

抱きしめて癒される!睡眠時無呼吸症候群にも効果がある抱き枕のメリットって?
抱き枕が持つ多くのメリットについてご紹介しています。睡眠時のリラックス作用や腰痛予防、さらに近年問題になっている「睡眠時無呼吸症候群」にも効果があることで再度注目されている抱き枕ですが、実際に購入する場合どこで買うのがおすすめなのかも記事内でご紹介しています。

 

寝ている間の汗を吸収してくれる「リネンのシーツ」

暑くて寝つけない季節には、布団に使う「シーツ」選びも大切です。

熱帯夜が続くころにおすすめするのは「リネン」を使っているシーツです。

「リネン」は日本で別名「麻」の名前で親しまれており、寝ている間の汗の吸水性発散性にも優れています。

まめ丸
まめ丸

サラッとした素材であるため、肌にまとわりつかない上に触り心地も良く、熱帯夜に使うシーツとしてはメリット満載です。

洗濯の時に乾きも良いので、湿度の高い日本の気候に合っていることも使いやすさに繋がっています。

また、丈夫で使いやすいので夏だけと言わずに、1年を通して利用できることもリネンシーツの大きなメリットと言えます。

 

まとめ

近年、日本の夏の暑さは今までの常識を超えたものになっています。

このところの連日の熱帯夜のため、体がかなりバテてしまっている方も多いと思います。

夏バテを解消するためには、夜しっかりと睡眠をとって休息をとることがとても大切です。

エアコンを使わないと熱帯夜は疲れてしまう、でもエアコンを強くするとそれも疲れる…

そんな悩みがある人も、実際に多くいるのではないでしょうか?

今回ご紹介した快眠グッズは、エアコンの設定温度を高めにしても、涼しく熱帯夜を過ごせるように工夫されたものばかりです。

暑さで寝苦しい時には、使うと涼しくなれる夏の快眠グッズを上手く活用してみてくださいね。

 

合わせて読みたい

睡眠時に使うと便利な快眠グッズですが、さらに寝る前に水を飲むなど夜間の熱中症予防を行うことで、もっと効果を高めることができます。

熱帯夜の快眠対策方法について、詳しくはこちらの記事でご紹介しています。

暑い夏でも睡眠中に涼しくすごすにはどうすればいい?8つの工夫についてご紹介
あなたは暑い夏の夜、しっかりと睡眠をとれていますか? 寝ている途中に暑さで目が覚めて、睡眠不足になっている方も、たくさんいらっしゃるのではないしょうか? 熱帯夜が毎日のように続く夏の夜は、...