お腹冷えの強い味方「腹巻」は1年を通して大活躍の最強防寒グッズ!

スポンサーリンク
腹痛の人グッズ

体が寒さを強く感じてしまうと、体温の急な変化が原因によって体調が崩れてしまうことがあります。

その中でも特に悩んでいる声を多く聴くのが「お腹の冷え」です。

冷え性で悩んでいる方の多い女性はもちろんのこと、男性でもお腹の冷えからくる「腹痛」「腰痛」が気になっている方も少なくありません。

そんなお腹の冷え対して、効果が高いおすすめグッズは「腹巻」です。

本記事ではそんな「腹巻」の持つ魅力について、詳しくご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

冬は必須アイテムの腹巻!使用するとどんな効果がある?

腹巻をしている女性

インナーとして使用するだけでお腹腰回りをほっこりと温めてくれる「腹巻」は、冬の必須アイテムと言っても過言ではありません。

寒い冬の間は腹巻を使用していないと、外出時などにお腹が冷えて痛くなってしまうことがよくあります。

なので、私はいつも腹巻を着用するのを欠かさないようにしています。

あまり腹巻になじみがない方だとえ!あんな1枚お腹に巻いただけで寒さに効果があるの?」と思うかもしれませんね。

まめ丸
まめ丸

実は腹巻の世界は、今すごく進化を遂げているんですよ!

遠赤外線仕様の腹巻やあったかいシルク素材で作られた腹巻など、以前よりもさらにお腹を温める効果が高くなった腹巻がたくさん発売されているので、使用すると保温効果は段違いなんです。

お腹の冷えだけでなく、日ごろから腰痛」や「生理痛」で悩まされている方にも腹巻はおすすめの防寒アイテムとなっています。

どちらの症状も腹巻を使ってお腹周りを温めることで、痛みをかなりやわらげることが可能ですよ。

 

スポンサーリンク

腹巻は夏でも欠かせないアイテム!その理由とは?

オフィスのエアコン

腹巻を思い浮かべた時、どちらかと言えば暑い夏よりも寒い冬に使用するイメージが強いですよね?

そんな腹巻ですが、実は夏でも手放せない方が多くいる万能アイテムなのです。

夏でも腹巻が欠かせない大きな理由の1つに「エアコン」があります。

太陽の日差しが強い夏まっさかり、暑さの感じ方の違いからエアコンの設定温度で人ともめたことはありませんか?

血圧の高さや冷え性で悩んでいる人はたくさんいます。

そのため、例え同じ気温の部屋にいても、人間は1人ずつ体感温度に多少の違いが生じてしまうのです。

特にそのことで問題になるのが「オフィス」でのエアコンの設定温度。

「職場で自分は寒いと感じているけれども、周りの人は平気な顔をしているからエアコンが寒くても我慢してしまう」

そんな悩みを今までに何度も聞いたことがあります。

家族内でもエアコンの温度でもめることはよくあるのですから、さらに人数の多いオフィスではもっと体感温度に差が生まれるのはしょうがないことですよね。

まめ丸
まめ丸

そんな時こそ腹巻を上手に活用して、エアコンが聞いている部屋でも寒さを感じないように工夫することが大切です。

 

おすすめの腹巻について

このように1年を通して大活躍する腹巻ですが、いざ購入しようとするといろいろな商品があって目移りしてしまうもの。

そのため、どれにしようか悩んでしまう方もいるのではないでしょうか?

そこで今回はさまざまな種類の中から、おすすめの腹巻について用途別に集めてみました。

 

GUNZE 愛情腹巻 遠赤綿リッチ リブ 男女兼用

グンゼの腹巻

下着メーカーの老舗としておなじみ「GUNZE」が作っている腹巻です。

名前の通り遠赤綿を使用しているので、お腹に巻くことでとても温かく感じられます。

2つ折りで使うと、厚みが増してより暖かく感じられます。

ですが、ある程度長さがあるので広げて使えばお腹以外にも、お尻や胸の下くらいまでしっかりとカバーすることができます。

フィット感の強い腹巻なので、ジーンズなどを履いていても外に響かないことも大きなメリットとなっています。

ですがその反面、緩いタイプがお好みの方にはあまりおすすめできません。

体形に沿って温めてくれる腹巻が好きな方にはまさにピッタリです。

 

絹屋 シルクリブ腹巻き ゆったりサイズ

シルクリブの腹巻

「リブ編み」で作られているので、伸縮性がかなり高いことがメリットの腹巻です。

生地自体もやわらかいので1日中お腹に巻いていても、使い心地バツグン!

さらにこちらの腹巻は、洗濯表記がのタグを取り外すことも可能です。

ゆったりサイズということで、男性はもちろんのこと妊娠中の女性でも安心して使える腹巻となっています。

色はピンクブラックの2色から選べます。

 

シルクのびのびパンツ

のびのびシルクパンツ

「腹巻=お腹に巻いて使うもの」

そんな概念を大きく変えてくれたのが「シルクのびのびパンツ」です。

今までのお腹に巻いて使う腹巻とは違い、履いて使う「パンツタイプ」になっています

さらにシルク素材で作られているので、触り心地も気持ちいいです。

パンツタイプの腹巻なのですが伸縮性にも優れているので、1日履いていてもお腹が窮屈に感じません。

お腹や腰の冷え以外に、太ももの冷えにも効果がある腹巻です。

 

まとめ

冬の寒い季節はもちろん、室内でエアコンの使用率が高くなる夏でも、お腹の冷えを実感することはよくあります。

1年を通して冷え症で悩んでいる方や、お腹が弱くてすぐ下痢になりやすいという方は、日ごろの体調管理に腹巻の着用を心がけることをおすすめします。

インナーとしてたった1枚腹巻を追加するだけでも、体の温かさには大きな違いを実感することができますよ。